So-net無料ブログ作成
検索選択

芳琳設定 [うちの子紹介]

続きからどうぞ




houring.png

hourin1wkar_m.png
設定画は現時点で暫定版です、しばらくしたら差し替えるかもしれません。

芳琳.png

デフォルメ葛城芳琳.png



名前:芳琳(ほうりん) 本名:葛城芳琳
年齢:48歳 種類:クロメP無し
誕生日:8月15日 血液型:O型 視力:2.0以上
性別:男 身長:180㎝ 体重:78㎏
一人称:余 蓬莱瀛帝国訛り(現代日本の関西弁)のきつい話し方で喋る。

職業:蓬莱瀛帝国国王。 (蓬莱瀛帝国葛城氏王朝83代国王)

容姿:灰色の髪を8:2分けにしたヘアスタイル
色白で不健康そうな顔をしている。
瞳の色は金色で光が入らず、不気味な雰囲気を更に上げている。
眉毛の形が甥の楸別によく似ている。
正装をしないと、どう見ても王様には見えないのが難点である。
趣味はシガーラベル(葉巻の箱の蓋の裏に付いてる紙)の蒐集。

葛城一族の長男だけが持つ体質ゆえに一定の周期でジョロウグモになってしまうが最近は歳の所為か、若い時よりもジョロウグモでいる期間が長くなり疼木彦に影武者を任せる機会も多くなった。
この体質のおかげで引き籠り癖が付き、色白の肌を維持し続けているがそんな事はどうでもいい。

性格:呑気で冷めきっている。強欲の化身。
我儘ではないが、気に入った物は全て自分の物にしたいと思っている。
この性格が災いして疼木彦がグレた過去がある。
妻はいるが一国の王としては珍しく、側室を持っていない。
疼木彦と娘の蓬玉が婚約する原因を作ったのも芳琳だった。
芳琳自身は甥の疼木彦を恋愛対象として見ているが
疼木彦は肉体関係だけでしかないと、思っている節がある。
(余談だが、芳琳と楸別は8歳しか年が離れていないので、
お互いに兄弟のような関係である)

人に対してあまり横柄な態度はとらないが
燈榎を「仕事も全う出来ないチンピラ」と罵った事がある。

芳琳に仕えている宦官や臣下の殆どがモンスターで
特にジョロウグモとスズメバチが多い。

蓬莱瀛帝国には貴族階級のモンスターも数多く存在し、
楸別に仕えている宦官の耳成や武官の畝傍も蓬莱瀛帝国の貴族出身である。
(後日記載予定)




戦い方:芳琳から戦いを挑む事はないが
直接的な力以外を無効化する「ディヤウスの鉾」
この能力の前では、楸別の「金鵄の矢」も疼木彦の「アグニの竈」も
完全に無効化される。
ただしエネルギーを実体にしていない豊芹の重力には逆らう事はできない。




関係者
娘の蓬玉(身内)
義兄の乙楮(身内)
同盟国国王の大椿(身内)
甥の楸別と疼木彦(身内)
又甥の槐(身内)
外戚に鬼菱とシトロン(身内)
身内以外の関係者も募集してます。ަ
nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。